大阪 相続・遺言サポートネット > 遺産相続知識集 > 相続人は誰?

基本的なルール

誰が相続人となるかは民法で決まっています。遺言書がない場合には民法に従って相続人が誰かが決まります。

では、民法ではどのように決められているのでしょうか。
基本的なルールは以下の二つです。

  • (1)配偶者(亡くなった人の夫または妻)は、常に相続人となる。
  • (2)子どもがいるときは子どもが、子どもがいないときは親が、子どもも親もいないときは兄弟姉妹が、相続人となる。

ただし、(2)のルールについては、注意が必要です。
子どもが先に亡くなっていても、孫がいれば、孫が相続人となります。これを代襲相続といいます。
また、親が亡くなっていても、祖父母が存命であれば、祖父母が相続人となります。
兄弟姉妹にも、代襲相続があります。ただし、子どもに関しては代襲相続に制限はありませんが、兄弟姉妹の場合、代襲相続は1回限りです。
つまり、亡くなった人から見てひ孫や玄孫やそれ以降の代にあたる人も相続人になることがありますが、甥姪の子やそれ以降の代にあたる人は相続人になることはありません。

法定相続人の範囲

どうやって調べるの?

亡くなった人の戸籍を調べれば、誰が相続人になるのかを確認することができます。
ここで大切なのは、亡くなった人の「生まれてから亡くなるまで」の戸籍を全部取り寄せることです。まずは、亡くなった時の本籍地の市役所等で、戸籍謄本(または除籍謄本)を取り寄せ、そこから順にさかのぼって生まれた時の戸籍謄本までを取得します。途中、戸籍が改製されている場合には、改製前の改製原戸籍(げんこせき、または、はらこせきと読みます)も取り寄せる必要があります。

お仕事で昼間役所に行けない方や、本籍地が遠方である場合でも、郵送での取り寄せに応じてくれる役所がほとんどですので、問い合わせてみてください。
とはいっても、戸籍謄本の読み取りには慣れていないと難しい点もありますし、亡くなった人が何度か結婚、離婚をされていたり、養子縁組をされていたりすると、必要な戸籍謄本等が数十通にもなることもあるなど非常に手間がかかります。
大阪 相続・遺言サポートネットでは、相続人調査のご相談もお受けしています。お気軽にご相談下さい。

相続・遺言に関するご相談について

まずはご相談ください。(初回のご相談は無料です。)
大阪 相続・遺言サポートネットでは、弁護士・税理士・司法書士が主体的に運営する相続・遺言について全面的にサポートできる専門家で構成されています。

  • 電話番号 0120-744-743

    [受付時間] 午前9:00〜午後6:00

  • インターネットでのお問い合わせはこちら