大阪 相続・遺言サポートネット > 遺産相続知識集 > 財産はどのくらいある?

何を調べたらいいの?

どんな財産がどのくらいあるかがわからなければ、遺産分割の話合いをスタートできませんね。
さらにいうと、プラスの財産よりも負債(借金など)が大きいような場合には、そもそも相続をするのか、放棄するのかという問題も生じます。
したがって、どんな財産がどのくらいあるのかはもちろんのこと、負債はどこにどのくらいあるのかも、きっちりと把握しておかなければいけません。

どうやって調べるの?

亡くなった人の家の中に、次のような書類がないかなどから調べていきます。貸金庫などもチェックしてください。

プラスの財産

不動産:権利証,固定資産税課税明細書など
これらの書類があれば、どこにどんな不動産があるかを知ることができます。書類が見当たらない場合には、不動産があるはずの市役所等へ行って、固定資産課税台帳の名寄帳の閲覧を申請するとよいでしょう。
預貯金:預金通帳,預金証書,キャッシュカード,取引明細書など
これらの書類が見当たらない場合は、預金口座のありそうな金融機関に照会するとよいでしょう。その際には、通常、戸籍謄本等が必要になりますので、まずは金融機関に問い合わせて必要書類を確認してください。
金融機関に照会すれば、その金融機関で取り扱われた国債や投資信託などの有無も、あわせて知ることができます。
株式:証券会社の取引報告書,株主総会招集通知書など
まずは、どこの証券会社に口座を持っているかを知ることが必要です。定期的に取引報告書が来ることが多いので、郵便に注意していれば判明します。あとは、その証券会社に照会すれば、銘柄や数量などを知ることができます。
その他
高価な美術品や宝石類などが見つかった場合には、簡単な査定をとっておくと、遺産分割協議をするときに役立ちます。

マイナスの財産

金銭消費貸借契約書を探します。
また、不動産を担保に借入をしているときは、その不動産の登記簿謄本の「乙区欄」に記載されているので、ここから調べることもできます。
預金通帳に「融資金返済」などの取引が記載されていないかも確かめてください。
さらに、亡くなった人が誰かの連帯保証人になっていないかも、よく調べてください。

借金が多いときは・・・

相続をするかどうかは、自分で選択することができます。
相続は、「単純承認」、「限定承認」、「放棄」の3つの対応をとることができます。

単純承認
プラスの遺産もマイナスの遺産もすべて引継ぐこと
限定承認
プラスの遺産の範囲でマイナスの遺産も引継ぐこと
放棄
プラスの遺産もマイナスの遺産も一切を引継がないこと

限定承認や放棄は、亡くなったことを知ってから3か月以内の期間に、家庭裁判所で手続きをしなければなりません。
3か月以内に遺産の全体を調べきれないときは、あらかじめ家庭裁判所に申請して、この期間を延ばしてもらうこともできます。

相続・遺言に関するご相談について

まずはご相談ください。(初回のご相談は無料です。)
大阪 相続・遺言サポートネットでは、弁護士・税理士・司法書士が主体的に運営する相続・遺言について全面的にサポートできる専門家で構成されています。

  • 電話番号 0120-744-743

    [受付時間] 午前9:00〜午後6:00

  • インターネットでのお問い合わせはこちら