大阪 相続・遺言サポートネット > 遺言について > 「遺言書」ってどうやって作るの?

遺言書作成の流れ

「人」「財産」「想い」の整理

整理表

「遺言書」の作成をするにあたって、まずは、自分のこれまでの人生、そしてこれからの人生に関わる「人」「財産」「想い」の整理を行ないましょう。

まずは、自分の手で書いてみましょう!

自筆で、想いのまま、書いてみましょう。その際、「誰に」「何を」承継させるのかできるだけ明確にしましょう。また、今の「想い」を綴ってみましょう。

内容形式の法的チェック

遺言書は民法で、その内容形式が厳格に定められています。せっかく書いたものが無効にならないように、慎重な検討が必要です。

A.自筆証書遺言として保管(この場合、全文を自筆で書いていることが必要です。)

B.公証人役場に公正証書遺言の作成依頼

C.公証人役場に秘密証書遺言の作成依頼

押印して、封筒に入れて(できれば、実印の押印と印鑑証明書とともに)封印後、保管。

遺言書の種類

・自筆証書遺言 (全文、自筆で)
全文を自筆で書くことによって作成される遺言書です。遺言内容、日付、氏名など全て記載する必要があります。低廉かつ気軽に作成できますが、その形式や内容には細心の注意が必要になります。また、自筆証遺言書の場合には、亡くなられた後、家庭裁判所で「検認」という手続きをする必要があります。
その意味で、次の公正証書遺言に比べ、後に手続きの手間を残すことになります。
・公正証書遺言 (公正証書に)
公証人の前で遺言内容を述べることにより、公証人に作成してもらうのが公正証書遺言です。
この場合、検認の必要がなく、また何より公証人という第三者に公証してもらえることで、相続人が納得しやすくなります。公証役場では、証人2人に立会してもらう必要があり、公証人に対する手数料がかかります。
しかしながら争いを未然に防ぎ、最後のメッセージを遺す趣旨を考えると、できることなら公正証書遺言をお勧めいたします。
・秘密証書遺言(自筆証書と公正証書との長短所の折衷)
書いたものに封をして公証役場へ持参して、その存在を証明してもらうというものです。中身を知られたくない、書いた後の保管が心配だ、という方におすすめの方法です。 秘密証書遺言は必ずしも自筆によることを要しませんので、パソコン等で作成することも可能です。ただし署名は自筆しなければなりません。封をしたら遺言書に押印したものと同じ印で封印をします。できあがった封書は公証人1人と証人2人以上の前に提出をして、住所・氏名と確かに本人のものに違いない旨の宣誓をします。それに基づいて公証人が、遺言者・証人とともに封書に署名押印して完了となります。

相続・遺言に関するご相談について

まずはご相談ください。(初回のご相談は無料です。)
大阪 相続・遺言サポートネットでは、弁護士・税理士・司法書士が主体的に運営する相続・遺言について全面的にサポートできる専門家で構成されています。

  • 電話番号 0120-744-743

    [受付時間] 午前9:00〜午後6:00

  • インターネットでのお問い合わせはこちら